作業員

不具合の原因と対策

ガレージ

対策に必要な費用

シャッターはガレージやお店、倉庫などで開口部の広い場所で使われているものですが近年は雨戸の変わりとしても使われるようになっています。しかし、シャッターは設置した直後は問題なく使用できても時間が経過するとさまざまな不具合が発生するため修理が必要になります。シャッターの不具合としては、開かない・閉まらないといったものです。この場合の原因としては、シャッター表面に錆びや変形が発生していること、またガイドレールに異物が挟まっているといったことが考えられます。修理の方法としては錆びの場合には錆びを落とし塗装することです。変形も軽い変形であれば特殊な力を使わないで戻すことができますが、ひどい変形の場合には交換する方が無難です。ガイドレールの異物は見える場所にあるのであれば除去することで問題を解決できます。一方で開閉はするものの異音が発生する場合があります。これは金属が擦れている音で、この場合の修理としては潤滑油を塗布することです。しかし、潤滑油を塗布しても異音が収まらない場合には、見えない場所で金属が擦れていることが考えられるので、本格的な修理が必要になります。シャッターの修理そのものは原因が軽いものであれば比較的、行いやすいものですが、複雑な場合には専門業者に依頼した方が無難です。また設置年数が経過している場合には新しいシャッターに交換してしまうというのも問題を抜本的に解決するための手段になります。