作業員

劣化部分または全体の交換

ガレージ

方法とかかる費用

シャッターは、スプリングの回転によって、スラットを巻き上げたり広げたりする仕組みになっています。そのためスプリングに錆などの問題が生じると、スムーズに開閉できなくなります。さらに、スラットのずれやレールの錆で、開閉しにくい状態になることもあります。こういったシャッターのトラブルは、もともとの性能や材質にもよるのですが、使用開始後10年ほど経過すると、発生しやすくなります。放置しておくと、ますます開閉しにくくなりますし、無理に動かすと、周辺のコンクリートが負荷で割れる可能性も生じてきます。そのためシャッターの調子が悪くなってきた場合には、早めに専門業者に修理を依頼する必要があります。修理は、主に劣化部分を交換するという方法で行われます。劣化部分が少なければ、交換する部分も少なくて済みますし、修理費の負担もそれだけ少なめになります。具体的には、1箇所の交換につき約1万円の修理費がかかるので、出費を抑えるためにも、シャッターの修理は早めに行っておくことが大事と言えます。劣化部分が多い場合は、部分的な交換ではなく、シャッター全体が交換されることもあります。この場合は、新しいシャッターの購入費用に加え、取り付け費用と古いシャッターの撤去費用とが、合計で20万円ほどかかります。修理と比較すると高いのですが、全体が新しくなることで、再び10年ほど安全に快適に使用できるようになるので、コストパフォーマンスは良いと言えます。