作業員

丁寧な応対が大事

倉庫

長い付き合いを目標に

主に防犯という点と、車やバイクなどを風雨による汚れや劣化などから守るという点で自宅にシャッターを設置している方も多いのではないでしょうか。シャッターはすぐに壊れるようなものではないですが、万が一の際には修理を依頼しなければなりません。故障を放置しておくと見た目も悪く、また大きな音を出すようになるとご近所迷惑にもなります。インターネットなどで調べて見ると多くのシャッター修理業者が存在していますが、どんな事を頭に入れて選定を行えば良いのでしょうか。まずこれはどんな業種にも言えることですが、電話やメールなどの問い合わせに対して丁寧で早めの応対ができることが大事です。もちろん常識的な時間に連絡を取ってくるのが大前提です。それから料金トラブルやご近所トラブルを避けるために、シャッター修理費用の見積もりや作業の進め方について明確な説明をしてくれるかどうかも重要なポイントです。これらのことがしっかりとできる業者であれば、後々問題が起きる可能性もグッと低くなります。また修理技術のレベルを見極めるためのポイントの一つは、長年のシャッター修理の経験があるかどうかです。長期間に渡る実績があれば、それは一人だけではなく会社全体で高い技術の共有ができている証拠になるでしょう。最後にシャッターの定期的なメンテナンスや緊急時の対応のしやすさのことも考えて、なるべく自宅の近隣で活動している、上に挙げた条件を満たす業者を見つけることができれば、長期間に渡る良い付き合いが可能になるのではないでしょうか。

不具合の原因と対策

ガレージ

シャッターはガレージなどに広く使われているものですが、近年は一般住宅の雨戸にも採用されるようになっています。しかしシャッターはその仕組みが普通の引き戸などと異なり複雑で、使用し続けることで修理が必要な不具合が発生します。

確実に行うために

倉庫

シャッターの修理には、専用の冶具や繊細な修理技術が必要なので、専門業者へ依頼するのが良いです。特に電動シャッターは、一般の人では手が出せないパーツがあります。修理方法によって、シャッターの耐久年数も変わってくる事もありますので、実績のある専門業者を選びましょう。

劣化部分または全体の交換

ガレージ

シャッターは、部品の劣化により開閉しにくくなります。そのような場合は、専門業者に修理を依頼すると、1箇所につき約1万円で交換してもらえます。そのため、劣化部分が少ないうちに修理を依頼した方が、経済的と言えます。劣化部分が多い場合は、全体が交換されますが、この場合は約20万円の費用がかかります。